コーヒーの入れ方

コーヒー,星流珈琲,せいりゅうこーひー,セイリュウコーヒー,seiryucoffee

ここでは星流珈琲の美味しい入れ方を紹介していきます。

用意するもの

  • コーヒー豆(コーヒー粉)
  • コーヒーミル※豆の場合
  • ドリッパー
  • メジャースプーン(又は はかり)
  • サーバー
  • コーヒーケトル
  • ペーパーフィルター
  • キッチンタイマー(または時計)

手順

お湯と器具の下準備

お湯を沸かします。ドリッパーからサーバーにお湯を注いで器具を温めます。

コーヒーカップにもお湯を注ぎ温めておきます。

豆の計量

コーヒー豆は一杯(120cc)あたり、
10g~12gを用意します。

今回は24g用意しました。

杯数粉量湯量
1杯12g120cc
2杯24g240cc
3杯36g360cc
・・・

豆を挽く

ミルで豆を引いて、粉にします。

手びきは大変ですが、音と香りが楽しめます。

【ポイント】

・豆は中挽きがおすすめです。

ペーパーと粉をセット

ペーパーフィルターを折り目に沿って折り、ドリッパーに装着します。

そこに杯数分のコーヒー粉を入れます。

【ポイント】

・ドリッパーを持ち上げ左右に揺らして、粉の表面を平らにします。

取手ではなく本体を握って揺すると簡単にならせます。

蒸らし

熱湯の入ったケトルを用いて、お湯を注いでいきます。
最初は中央にそっと注ぎ、お湯が浸み込んだら30秒程待ちます。

美味しく入れるためにしっかり蒸らしましょう。

【ポイント】

・ペーパーをなるべく濡らさないようにします。お湯がドリッパーの下から抜けてしまいます。
・蒸らしによって、旨みエキスが抽出され美味しくなります。蒸らしの際に総湯量の1割程度を淹れることを意識するとムラのない味に仕上がります。

注ぎ(1回目)

注ぎは、お湯をたっぷり注ぎます。
中央に丸く円を描くように繰り返し注ぎ、

ドリッパー内の湯量が上がって表面が平らになったら注ぐのを止めます。

注ぎ(2回目)

中央がくぼみ、白い表面の泡が消えないうちに

2回目以降のお湯を注ぎます。

表面が平らになったら注ぐのを止めます。

(杯数分のお湯を注ぎきるまで繰り返します)

完成

杯数分のお湯を注ぎきったら、ドリッパーを取り外します。

コーヒー濃度を整えるように軽く混ぜて、温めておいたコーヒーカップに注ぎます。

【ポイント】
今回は24gの豆に対して240㏄程度のお湯を使いました。

濃い目になりますので、好みに合わせて豆とお湯の量を調整してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました